2019年度後期 張研セミナー

2019年後期 張研セミナー

毎週月曜日 15:00開始 (3号館南館484号室)

日時 発表者 タイトル 備考
10/7 松下 大輝(M2) 【修論を意識し発表】
森下 真伍(M2) 【修論を意識し発表】
久保田 隆雄(M2) 【修論を意識し発表】
10/16 五十嵐 優樹(M2) 【修論を意識し発表】
高先 修平(M2) 【修論を意識し発表】
佐竹 祐樹(M2) 【修論を意識し発表】
10/21 立岡 文理(D2)
余 海洋(研究生) 【自己紹介】
張 田穎(研究生) 【自己紹介】
10/28 (M1)
(M1)
(M1)
11/11 (M1)
(M1)
(M1)
11/18
11/25
12/2
12/9
12/16
12/23
1/6
1/13
1/20
1/27
2/3
2/10
2/17
2/24
3/2
3/9
3/16
3/23
3/30

 

2019年度夏合宿

Time:2019/09/28~29
滋賀県の琵琶湖青少年の家で夏合宿を行いました。
初めて学外で発表した学生も多く、貴重な経験になったと思います。
さらに、夜のバーベキューや懇親会を通じて、交流を深めることができました。










日本応用数理学会 2019年度年会

学会名: 日本応用数理学会 2019年度年会
HP: https://annual2019.jsiam.org/

講演タイトル: Hamilton系に対するSAV法
発表者: 剱持智哉

講演タイトル: 行列対数関数に対する二重指数関数型公式における積分区間の設定方法について
発表者: 立岡文理

講演タイトル: 行列実数乗の計算に対する数値積分法のための前処理について
発表者: 立岡文理

講演タイトル: 未知の行列とその複素共役転置を同時に含むSylvester方程式について
発表者: 佐竹祐樹

Workshop on Numerical Algebra and Scientific Computing

Time: 2019/09/02

Workshop on Numerical Algebra and Scientific Computing with Prof. Junfeng YIN in Tongji University
place: Lecture Room 342, Engineering Builing B3
program:

Chair
10:00-10:10 Opening Ceremony S.-L. Zhang
10:10-10:50 Speaker: Tomohiro SOGABE (Nagoya University) T. Kemmochi
10:50-11:30 Speaker: Junfeng YIN (Tongji University)
11:30-13:30 Lunch
13:30-14:00 Speaker: Tingting Hao (Tongji University)

Title: “Adaptive finite element approximation for steady-state Poisson-Nernst-Planck equations”

 

T. Tatsuoka

14:00-14:30 Speaker: Zhixuan Huang (Tongji University)

Title: “Linear extrapolation accelerated matrix splitting method”

14:30-15:00 Speaker: Saihua Wang (Tongji University)

Title: “A Rigorous Condition Number Estimate of an Immersed Finite Element Method”

15:00-15:30 Speaker: Yuki Satake (Nagoya university)

Title: “On a relation between the ★-congruence Sylvester equation and the generalized Sylvester equation”

 

Z. Huang

15:30-16:00 Speaker: Daiki Matsushita (Nagoya university)

Title: “Quantum Algorithms for Linear Systems over F2

16:00-16:30 Speaker: Fuminori Tatsuoka (Nagoya university)

Title: “Convergence analysis and a preconditioning of the double exponential formula for the matrix fractional power”