SEMINAR(2019年度後期)

2019年後期 張研セミナー

毎週月曜日 15:00開始 (3号館南館484号室)

日時 発表者 タイトル 備考
10/7 松下 大輝(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
森下 真伍(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
ステップ幅の直線探索を用いた
Levenberg–Marquardt法のBundle Adjustmentへの適用
久保田 隆雄(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
画像の輪郭抽出に現れる
曲率流方程式のB-spline曲線近似による数値計算
10/16 五十嵐 優樹(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
Signorini型人工境界条件が
Navier–Stokes方程式の数値解にもたらす影響
高先 修平(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
佐竹 祐樹(M2) 【研究発表&修士論文に向けて】
★-congruence Sylvester方程式に対する
変形理論とその応用について
10/21 立岡 文理(D2) 【博士論文に向けて】
行列関数の高速計算手法について
余 海洋(研究生) 【自己紹介】
張 田穎(研究生) 【自己紹介】
10/28 オ ジュンソク(M1) 【研究発表】
畳み込み演算の表現行列と
その復元可能性について
石原 航(M1) 【研究発表】
Cahn–Hilliard方程式に対する
SAV法の適用
趙 仁傑(M1) 【研究発表】
K-means#について
11/11 後藤 帆貴(M1) 【研究発表】
SAV 法を用いた Cahn-Hiliard 方程式に対する数値計算
小林 拓海(M1) 【研究発表】
ニュートン-グラスマン法の
ステップ幅と収束について
何 芸東(M1) 【研究発表】
行列補完問題のための relaxation
Algorithm について
11/18 森下 正英(B4) 【研究発表】
大規模行列のk番目の固有値問題に対する
数値アルゴリズムについて
皆川 凜太朗(B4) 【研究発表】
Ehrlich-Aberth法を用いた
多項式固有値問題の数値解法について
11/25
12/2
12/9
12/16
12/23
1/6
1/13
1/20
1/27
2/3
2/10
2/17
2/24
3/2
3/9
3/16
3/23
3/30